木の家でZEHを建てる工務店を探す会

地球規模の大問題

今、地球の温暖化が問題になっています。地球温暖化によって地球全体の温度が上がるだけでなく、その影響でさまざまな気候の変化が起こっています。これを少しでも食い止めるには、温室効果ガス(CO2)の排出量を減らす必要があるのです。

住宅政策のCO2削減手法

温室効果ガスの排出量を減らす方法はいろいろありますが、1つにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)があります。このZEHというのは、断熱効果が高い家作り、省エネ性の高い照明や機器の導入、太陽光発電によるエネルギー発電といった3つの条件で建てた家のことをいいます。これによって、消費エネルギーよりも発電したエネルギーが上回ることで、温室効果ガスの排出量を減らすことができます。

2016年はZEH元年

岡崎市で新築の注文住宅を取り入れた家作りの普及はまだまだはじまったばかりですが、政府は2020年までに、ZEHを標準的な新築住宅とすることを目標としていて、これからどんどん普及していくことになるでしょう。また、現在、木の家でZEHを建てる人に対して、政府から補助金を受けることができることから、今後、新築を建てる予定がある人は、地球に優しい家作りであるZEHを検討してみる参考にしてもらいたい

注文住宅はオリジナルの間取りや外観で建てる住宅です。
その魅力をフルに活かすためには住宅のデザインに合った場所選びが必須となります。
そんな場所の選び方のポイントについて解説をしていきましょう。

場所の利便性を考慮する

注文住宅を建てる場所を検討する際にまず考えるべきはこの部分です。
満足のいく風景の環境であっても、近くにスーパーなどの商店や公園などがさっぱり無かったりすると日常生活が不便になります。
食料品などは週末に遠くのスーパーに行ってまとめ買いを行うことでカバーすることもできます。
しかし、公園に関してはお子様の育児を考慮すると近い方が何かと便利です。
そのため、店や公園などの有無はチェックしておきましょう。

土地の風景を考える

注文住宅の特徴的デザインとその機能を活かすためにはそれに合った風景の場所が必要です。
例えば屋外に開放的なウッドデッキを設置しても、そこが住宅が密集した市街地である場合は石垣で覆うことになってしまうので開放感が半減してしまいます。
また、道に対して縦長の土地の場合は横方向の外観の見栄えが隣の住宅の関係で制限されがちになります。
注文住宅を建てる際はこういったことをできるだけ無くすための考慮が必要です。

良い立地を選ぶには

注文住宅に適した場所を選ぶ基本は「実際に建っている家を観察すること」です。
こういった場所に建てるとこうなる、ということを一戸建ての住宅街などを歩いてよく知っておきます。
こうすることで場所選びはもちろんのこと、住宅のデザインについても考えやすくなります。

注文住宅を含む一戸建てはずっと住み続ける所なので、あらゆる面を考慮してその場所を選ぶようにしましょう。

㏚|マッサージのリアル口コミ.com
住宅リフォーム総合情報
英語上達の秘訣
英語上達の秘訣
ダイエットチャレンジ
AGAでお悩み解決
エステサロンを上手に利用する情報サイト
健康に役立つ口コミ情報
AGAお悩み相談.com
女性のための薄毛治療研究会